排卵検査薬 新ドゥーテスト

新ドゥーテストLHという排卵検査薬買いました|使い方、フライング
新ドゥーテストと他の排卵検査薬との違いについて記しています。
戻る 先頭へ トップページへ

新ドゥーテストLHについて

新ドゥーテストLHは簡単に言うと排卵検査薬であり、これを使用することにより排卵日を予測することができます。

仕組みについては排卵日間近になると女性の体内にはLHサージと言い、黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。

その時に黄体形成ホルモンが尿に含まれて体外に排出されることから、尿内の黄体形成ホルモンに反応するように新ドゥーテストLHは作られています。

特徴としてはスティック型の検査薬で、検査部分にたった2秒尿をかけるだけで判定することができます。

尿をかける部分が大きくて使いやすいだけでなく検査結果もわかりやすく、説明書も読みやすいと非常に評判が高いです。

「この排卵検査薬は信用できるの?」と心配になる人もいるでしょうが、販売元が大手製薬メーカーのロート製薬であり、そこら辺のメーカーとは違って安心感があります。

製品についても7本入りと12本入の2つに分かれており、使用する人の必要性に応じて購入することができます。

新ドゥーテストLHの使用について

新ドゥーテストLHはただ使用すればよいと言うわけではありません。

まず検査を行う日ですが、次回生理予定日の17日前から使用するのが望ましいです。

もし次回の生理予定日がわからない場合は製品のホームページに検査開始日を計算することができるページがあるので、それを使用するのが良いでしょう。

使用方法については上記で説明した通りに検査部分に尿をかけるだけです。

その後5分ほど待てば検査結果が出ます。

検査結果を表示する箇所に赤紫色ラインが出れば陽性となります。

不親切な排卵検査薬だと、薄くラインが表示されるときに陽性か陰性か迷ってしまうことがあります。

新ドゥーテストLHでは基準となる濃さのラインが表示されているため、検査結果に迷うことありません。

新ドゥーテストLHのイレギュラーケースについて

排卵検査薬である新ドゥーテストLHは尿内に含まれている黄体形成ホルモンに反応します。

それにより排卵日を予測するものですが、排卵以外に黄体形成ホルモンが分泌されてしまうと反応してしまいます。

まず不妊治療で薬を飲んでいる女性は排卵に関係なく黄体形成ホルモンが分泌されてしまうことがあるため検査薬が反応してしまいます。

次に分泌障害がある場合でも同様のことが言えます。

逆にいつまでも陰性反応しかでない場合は黄体機能不全と呼ばれる不妊症を患っている可能性があります。

この状態が続く限りは妊娠する確率が低いため、産婦人科で不妊治療を受ける必要があります。

少しでも検査結果に疑問を感じたら、すぐに産婦人科に相談にことをすすめます。

排卵検査薬 新ドゥーテスト 排卵検査薬 新ドゥーテスト 排卵検査薬 新ドゥーテスト




Copyright (c) 2015 新ドゥーテストLHという排卵検査薬買いました|使い方、フライング All rights reserved.